maintxt.gif

岡山ライオンズクラブは35名のチャーターメンバーにより日本で8番目のクラブとして誕生しました。チャーターナイトの興奮もさめやらぬその年5月よりエクステンションの活動を開始し、津山クラブを初めとして県内12クラブ県外4クラブと、遠くは新潟・富山まで及びました。各地に蒔かれた一粒の種は、花を咲かせ実をつけ大きく成長しています。
今日まで原勝巳、根岸博、原悦次、大岸満正、植本辰雄と5名のガバナーを輩出し、日本のライオンズの発展と、ライオニズムの高揚に多くの功績を残しています。また、1961年知事であり当クラブ会員の故三木行治(チャーターメンバーで8代会長)は「耳には音を、目には光を」と自ら献眼登録第一号となって広く範を示したことが多くのライオンズクラブの共鳴を呼び、今日のアイバンク運動に発展しています。 我々はこの輝かしい伝統を受け継ぎ、時代のニーズにそくした奉仕活動を実践しているクラブであります。

maintxt2.gif

会 長 渡邉 勝
 この度、岡山ライオンズクラブ第61期の会長を務めさせていただきます渡邉です。
60年にわたる奉仕活動の歴史と伝統を育んで頂いた地域の皆様に感謝いたします。
今年は「ライオンズ精神」の広がりと、時代に即したクラブ運営を行い、地域社会に貢献できる活動をしていきたいと思いますので、どうぞご支援をよろしくお願いいたします。



幹 事 村上英之 
会 計 但木次男


  • m_btn01.gif
  • m_btn02.gif
  • m_btn03.gif
  • m_btn04.gif


<国際会長テーマ> 『命の尊厳と和』 <336-B地区 アクティビティ・スローガン> 『地域とともに 輝く未来
<地区ガバナー・キーワード> 『会員増強』 『次世代育成』 『奉仕力アップ  <岡山LC会長スローガン> 『笑顔の奉仕 つなぐ信頼』